ホーム>新車販売

新車販売

新車販売

新車輸入 Importing Brand-New Vehicles

dealer.jpg

北米(アメリカ・カナダ)で販売されている日本車・アメリカ車・欧州車を買付から国内での登録まで全てお引受け致します。
EU諸国で販売されている新車のご注文も承ります。

グレード、装備(メーカーオプション)、アクセサリーなど、日本と異なる設定や日本に無い車種も多くございます。
まずはご希望車種の装備についてご確認、ご相談ください。
FAXまたはE-MAILでメーカーオールオプション(価格)及び諸元表を送らせて頂きます。

ラインナップのページより、各車種のカタログをご覧になれます。また、ご来店いただければ通常の紙のカタログもご用意しております(一部設定の無い車種もございます)。

まずはお気軽にお問い合わせください。

新車輸入履歴 (一部抜粋)

xterra.JPG

2014 NISSAN XTERRA

sonata.JPG

2015 HYUNDAI SONATA

4Runner H.E..JPG

2016 TOYOTA 4RUNNER

 

ご注文~登録 までの流れ

201625125056.png
オーダー受付

・店頭
・TEL
・FAX
・e-mail

step2
お知らせ

車両検索・お客様への車両情報のお知らせ

step3
ご契約

お客様からの買付指示後 現地買付(ご契約)

step4
現地陸送

買付地より、輸出港まで移送

ご注文~登録 までの流れ

201625133853.png
輸出手続

輸出通関、現地陸運局への届出等

20162513399.png
輸送

車両専用船での輸送
(西海岸発 約3週間

201625133927.png
日本到着

輸入通関、保税倉庫/地域よりの引取

201625133940.png
排気ガス検査
加速走行騒音検査

必要の無い車両もあります

ご注文~登録 までの流れ

step9
予備(新規)検査

乗用車(3・5ナンバー)は3年、 貨物車(1・4ナンバー)は2年の車検がつきます

step10
リサイクル申請

リサイクル料金預託申請

step11
登録書類のご用意

車庫証明、印鑑証明等

step12
登録・納車

お客様ご住所の管轄陸運局にてナンバー取得後、ご納車

 

ご契約(No.3)~ご納車(No.12)まで、おおよそ1ヶ月半~2ヶ月程度となります。
※現地での陸送や船のスケジュール、ご希望の装備などにより多少の前後はありますので予めお問い合わせ下さい
※特別な装備内容等でファクトリーオーダー(メーカー注文生産)をご希望の場合は予めお問い合わせ下さい

新車購入基礎知識

※ モデル・グレード・パッケージ・オプション
アメリカでは、最近でこそアメ車にも見られるようにはなってきましたが、もともと日本のような「装備の違いによるグレード」という概念が薄く、基本的には1~2グレードにオプションパッケージや個別オプションを好みに応じて付けていく、という考え方でした。
逆に、同じ「車種」の中で「モデル」が違う車両を設定し、工場で差別化を図らなければならない差異はモデルが違うという、日本式で考えると???となってしまうシステムが今でも存在しています。
ご希望の車種の内容をやけに根掘り葉掘り聞いてくるなぁ、と感じられるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、その理由はここに有ります。お客様の意識ではモデルを言えばある程度限定されてくると思われるのですが、実際はそれだけでは数百万円の差が出てくる車種もあったりします。例えば、2016年式のトヨタ・タンドラの4枚ドア、と聞かれたとします。新車価格で、一番高い状態と一番安い状態で、実に$27623もの差があります。$1=¥120計算で¥3,314,760もの「差」があるのです。
車両にはメーカーオプション(工場内での生産工程の中で取付けられるオプション)とディーラーオプション(ディーラー側で販売取付をしているオプション)が多数存在します。同じ車種でもこれだけの価格差が出てくる場合もあるのです。(すべてのメーカー・車種がそうだとは限りません)

価格が安い、高いだけは早急に判断せず、じっくりご検討ください。もちろんシッカリと相談に乗らせていただきます。車両にはメーカーオプション(工場内での生産工程の中で取付けられるオプション)とディーラーオプション(ディーラー側で販売取付をしているオプション)が多数存在します。上記のように、同じ車種、グレードでも価格差が出てきます。
また、在庫車両の現在位置によって陸送費が加算されたり、新車(未登録)のままでは絶対に輸出できないメーカー、車種もございます。

当社代表は滞米10年、アメリカでの自動車業界の経験も豊富ですので、疑問に思われた事はどんな些細な事でもお尋ねください。言葉上で誤魔化す事無く、丁寧にご説明いたします。

※ 在庫車・ファクトリーオーダー

日本で新車を買う際には、契約した場所のディーラーに無い車両で契約するのは特に珍しい事ではありませんが、アメリカのディーラーでは、基本的にその時そのディーラーに存在する車両を契約するのが一般的です。長所としては、納車までの時間が短い、実車を見た、というところですが、短所として、少し特殊なオプション選びをすると車両が無く、遠方の他のディーラーから取り寄せたり、あるいはファクトリーオーダーをしなければならない、となります。ですが、アメリカ人は滅多にファクトリーオーダーをしません。何故なら、非常識なほどに時間がかかっていたからです。今でも、アメリカメーカーですと場合によっては数か月から場合によっては一年(!)と言われる事さえあります。流石にトヨタでそれはありませんが、大体8週間から10週間と言われ、それも遅れる事が多々あります。
もちろん、全米に数え切れないほどのディーラーがありますので、全く出てこない、という事はそうそう無いのですが、余りにも珍しいオプションの組み合わせは覚悟が要るかもしれません。

北米(米国&カナダ)・欧州(EU)以外の国からの輸入について

アジア諸国や中東、オセアニアの国で販売されている車両のお問い合わせをいただく事があります。

結論から言いますと、輸入は可能ですが登録がほぼ不可能に近いです。

日本の国交省が採用している保安基準は、多くをヨーロッパに準拠しており、また一部は日本独自の基準を採用しています。ボディの強度から細かくは室内の材料まで、その項目は多岐に渡り、かつ試験手順や方法を細かく指定しています。この基準をクリアしているどうか、の判断基準が、北米と欧州を除いた国で制作された車両には存在しない、あるいは日本が批准していないのです。言い換えれば、クリアしていない、と判断されているのです。

国内の業者で、ごく一部の車種を保安基準の検査を受けてクリアし、販売されているところがありますが、非常に高額な初期投資が必要なため、専売し、かつ高額な値付けとなってしまっています。

当社でも、レース用や研究用の車両として、ナンバーを付けない前提で輸入した車両はございます。ナンバーは付かなくても構わないのでこう言った車が欲しい、というご要望がございましたら是非お声掛けください。

ページ上部へ